Twitterを頑張ったらお金になった

ぼくは現在Twitterのアカウントを10個運用しています。
個人が2個、会社のが1個、残り7個は報酬をいただいているアカウントです。

ぼくがどうしてTwitterでお金をいただけるようになったのか、
同じようにTwitterを収入へつなげたいと考えている方に向け
少しでもヒントをお渡しできればと思います。

目次
1.収益のことは考えていなかった
2.オファーは突然だった
3.よく分からないまま開始
4.実績がアカウントを呼び込んだ
5.Twitterの仕組みや本質が分かった
6.ビジネスだから結果で示す
7.Twitterに目標を持って取り組んでいるか
8.Twitterをビジネスにするために

収益のことは考えていなかった

Twitterを始めたきっかけは、
自己ブランディングのため。


ブランディングを構築しながら、
ネットビジネスで
稼ごうという計画でした。

ネットビジネスに力を入れつつ、
Twitterは楽しみながら
フォロワーを増やすことに注力していました。


Twitterでお金が生まれるなんで、
全く想像もしていませんでしたね。

オファーは突然だった

Twitterを楽しみながら、しかしフォロワー数を確実に
伸ばしていく中で、ある日声をかけられました。
「Twitter運用しませんか?」と。

ぼくのTwitterを見てくれている方らしく、
Twitterのフォロワー数を伸ばすことを仕事として
ぼくにオファーをしてくれたのです!

よくわからないまま開始

ぼくのツイートが良く、フォロワー数が
伸び続けていることを
高く評価していただいたことがオファーの
きっかけのようです。


手始めに2アカウントの運用からスタート
することになりました。

「フォロワー数を伸ばしてくれればいいから」
この一言からぼくのTwitterビジネスがスタートされました。
アイコンの指定しかなく、プロフもヘッダーもぼくにお任せ状態。

ひとまずフォロワーを伸ばせばいいんだな、
という感じでした。


1つのアカウントは
37日後にフォロワー1,000人へ到達
もう1アカウントも
42日後に1,000人を超えました。

実績がアカウントを呼び込んだ

想像以上のハイペースで1,000人を到達したらしく、
9月に2アカウント、10月には4アカウントが追加されました。
ぼくがOKならまだあと2〜3アカウントのオファーがあったようです。

Twitterの仕組みや本質が分かった

Twitterを本格運用して5ヶ月ほどですが、Twitterの仕組みや本質が
理解できてきたと思います。
フォロワー数を伸ばすことは簡単です。ただし、それだけでは
あなたのTwitter運用がお金には結びつきません。

Twitterの基本ができていて初めて、収益化への扉が目の前に現れるのです。
そしてその扉を開ける鍵が、日頃のTwitter運用なのです。

ビジネスだから結果で示す

ビジネスは結果しか見られません。過程は全くの無意味。
ビジネスは信頼、信頼は結果で得られます。

なので、ぼくは1,000人のフォワー数にこだわり、
相手の期待値を大きく裏切るスピードで達成させる
ことを目標にしました。

結果は、ぼくの思惑通りで、新たなオファーを
いただくことができました。
できるできないではなく、オファーをいただけること。
オファーがあってこそのビジネスです。

Twitterに目標を持って取り組んでいるか

ぼくのTwitter運用が、ビジネスにつながった理由を
改めて考えると、

・自己ブランディングという目的があった
・毎日増やすフォロワー数の目標があった
・結果を他の人へ報告し、目標達成をやり続けた
・アイコン、プロフ、ヘッダーの指導も第三者に行ってもらっていた

明確な目標と目的があり、それを達成し続けたことが、
他のTwitterをされている目に留まり、オファーをいただけたんです。

Twitterをビジネスにするために

ぼくと同じことをすればいいんです!

・アイコン、プロフ、ヘッダーをしっかり作り込む
・Twitterであなた自身のブランディングをするつもりでツイートする
・具体的な数値目標で、日々のフォロワー数を獲得していく
・有益ツイート30%に対し日常ツイートを70%
・140文字の先にある相手への気遣いや思いやりを持ってツイートする

この5つを実践し続けましょう。ポイントは「継続」です。
継続は、100日間毎日続けることで習得できます。
1日も休まず、100日間連続で続けましょう。

あなたはできる!!
やればできる!!
絶対にできる!!